後ろ姿

再資源化が狙える産廃の破砕|廃棄物はリサイクル可能

ルールに従いましょう

工場

産業廃棄物という言葉はあまり聞かないかもしれません。しかし、実は身近なところで昔から日常的に問題視されていました。埼玉では産業廃棄物問題改善に積極的に取り組んでいて、現在では、その成果が着々と表れてきています。

Read More..

産業廃棄物の処理

解体工事

小さくして廃棄する

建設工事や生産事業の過程で発生してしまう産廃ですが、それらにまったく価値がなくなったわけではありません。正しく処理をすることで再び資源としてリサイクルができます。しかしそのまま廃棄しただけでは産廃は本当に廃棄物となってしまいます。産廃を再び資源として利用をするために、それらを破砕する必要があります。破砕を行うことで、受け入れの規格に大きさが収まり、再資源化の工程にまわすことができるようになります。破砕によって、産廃から利益を得られるのなら、これは素晴らしいことです。また産廃の中に何かしら情報があった場合、その情報が漏えいなどの危険にさらされてしまいます。ですがこまかく破砕することで、そのリスクを回避することが可能になります。

委託業者に任せましょう

産廃の処理は、発生させた事業者が原則行わなければなりませんが、世の中にはこの処理を委託できる業者も存在しています。彼らに委託することで、してほしい処理の方法で産廃を処理してもらうことができます。一口に産廃と言っても、その中には様々な廃棄製品が含まれています。例えば廃プラスチックを含む廃棄物は、破砕を行う代表的な廃棄物になります。ですが廃プラスチックにはウエットティッシュなどの軟質プラスチックとペットボトルなどの硬質プラスチックがあります。これらを破砕する場合、その製品の種類にあった設備が必要になる場合があります。このように廃棄物ごとに処理が異なる場合があるので、情報漏えいなどのリスクが伴う廃棄物の処理を委託する場合は、委託する製品の情報やそれらの機能が破壊することの要望を事前に伝え、それが可能な設備があるかを確認を行いましょう。また手を離れた後でも、きちんと自分たちの要望に沿った対応がなされているかを確認をとるものもよいかもしれません。

埼玉市のごみの出し方

作業員

さいたま市では、事業所から出た一般廃棄物を家庭ゴミとして処理することができないので、市の処理施設で自分で搬入して処理をするか、業者に運搬、処理をしてもらう必要があります。また、一般廃棄物を出すときにはゴミの分別を徹底する必要があります。

Read More..

何度も利用していくこと

作業員

廃油という、今まで捨ててしまっていた物に、もう一度注目して再利用する動きが活発になっています。再利用することで多くのメリットを生みますが、まだまだ浸透しているとはいえません。誰もが利用者になるには課題も多いですが、未来への可能性を大いに秘めています。

Read More..